tabi-taroオペラ館

 

オペラを楽しんだ後に
「ああ、あのアリアをもう一度聴きたいな!」
とか、
「あの曲の内容はどういう意味だろう?」
などと気になって
YouTubeを検索することありますよね!

ところが
(全曲検索ならいざ知らず)、
特定のアリア部分を探し出すのは
なかなか骨の折れる作業です。

なぜなら
日本語でのアリア名では
ヒットする作品が限られているからです。
(日本語のタイトル名も一定していない)

このサイトではそんな悩みを解決すべく
人気の高いアリアを作曲家毎に整理
オペラの筋書きに沿って並べました。

数あるYouTube動画の中からは
出来る限り
英語字幕付きの動画
選んでリンクしました。

各アリアには原題タイトルも併記しましたので
独自の検索も可能です。

オペラに出かける前の予備知識として
また
オペラ観劇後の感動を再び味わいたい時などに
是非ともお役立て下さい。

2015年
tabi-taro

オペラとはイタリア語で「仕事」「作品」の意味


ロシア、サンクトペテルブルク マイインスキー劇場

s更なるオペラ理解のために
オペラ対訳プロジェクト



池田博明さんの解説集

羊飼いの王様 K.208
Il re pastore

モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart

 

19歳のモーツァルトが作曲した劇的なセレナータ

言語イタリア語 舞台:マケドニア

登場人物

アリアリンク集

第1幕 穏やかな空気と晴れた日々
Aer tranquillo e dì sereni
アミンタ  
王座につくためにお行きなさい、いとしい人
Vanne a regnar ben mio
エリーザアミンタ
第2幕 彼女を愛そう
L'amero, saro constante
アミンタ

 

フィガロの結婚 K.492
Le nozze di Figaro

モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart

封建貴族に仕える家臣フィガロの結婚式を巡る事件を通じて、貴族を痛烈に批判

言語イタリア語 舞台:セビージャ

登場人物

フィガロ Br

タイトルロール。前作「セビリアの理髪師」では、床屋兼何でも屋として、ロジーナと伯爵の仲を取り持った。その功績を認められて伯爵の家来となる。

スザンナ S

これからフィガロと結婚式をあげようという小間使い。伯爵夫人に仕えている。初夜権復活をもくろむ伯爵の誘いをうけている。

アルマヴィーヴァ伯爵 Br

前作「セビリアの理髪師」では、フィガロの活躍により現夫人と結婚。浮気者。以前廃止した初夜権を復活させ、近い内にスザンナと楽しもうと企んでいる。

伯爵夫人ロジーナ S

伯爵と結婚した後、浮気者の伯爵の行動に悩み、ケルビーノに横恋慕される。

ケルビーノ MS

伯爵の小姓。どんな女にでも恋してしまう思春期の少年。(いわゆるズボン役)

ドン・バルトロ Br

医者。セビリアの理髪師ではロジーナの後見人として登場。ロジーナと結婚したがっていたが、フィガロの計画で伯爵に奪われたためフィガロに恨みがある。

ドン・バジーリオ Br 音楽教師
マルチェリーナ MS

女中頭。教養もあり美人。ただし、少しお年を召している。フィガロに金を貸した時に書かせた「借金を返せなかったら結婚する」という証文を利用してフィガロと結婚しようと企む。

バルバリーナ S

庭師アントニオの娘。スザンナとは従姉妹の関係。ケルビーノと仲が良い。

全曲日本語字幕 

アリアリンク集

第1幕 伯爵が下さるというベッドが部屋に入るかどうか部屋の寸法を測る
5.10,20,30
Cinque, dieci, venti, trenta
フィガロ、スザンナ

全ての女性に僕は震える
自分で自分が分からない
Non so più, cosa son, cosa faccio
ケルビーノ   -
ケルビーノさらばよ 勇ましく行け!
もう飛ぶまいぞ、この蝶々
Non piu andrai farfallone amoroso
フィガロ
第2幕 私の悲しみに、私のため息に
愛の神よ、安らぎを与え給え
Porgi amor
伯爵夫人
ケルビーノに女装させて伯爵を陥れる
恋とはどんなものかしら
voi che sapete
ケルビーノ
第3幕 あの偽りの舌が誓ったはずの?
楽しい日々はどこに
Dove sono i bei momenti
伯爵夫人 -
スザンナに伯爵を誘い出す手紙を口述筆記させる(今夜松の木の下で)
そよ風によせて
Canzonetta Sull'aria
スザンナ、伯爵夫人   -
さあマーチだ参りましょう
Amanti costanti, seguaci d'onor
フィガロ+スザンナ
バルトロ+マルチェリーナ
第4幕 衣装を取り替えたスザンナが伯爵をからかって、逢引を待ちわびる気持ちを込めて
とうとう嬉しい時が来た
Giunse alfin il momento
スザンナ 対訳
来て!私の愛しい人、この隠された草木の間に 私は貴方の頭にバラを冠したい
恋人よ、早くここへ(薔薇のアリア)
Deh vieni non tardar
スザンナ
スザンナの衣装を着けて現われたロジーナに謝る
コンテッサ、許せ
Contesa perdono
アルマヴィーヴァ伯爵

 

魔笛 K.620
Die Zauberflote

モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart

王子によるお姫様の救出劇。謎に満ちたメルヘン・オペラ

言語ドイツ語  舞台エジプト

登場人物

神官ザラストロ Br

イシスとオシリスの神殿を司る高僧

夜の女王 S

初演ではモーツァルトの義理の姉ヨゼーファ・ホーファーが歌った。

王子タミーノ T

パミーナの絵姿に魅了され救出に向かう異国の王子

パミーナ S

夜の女王の娘

鳥刺しパパゲーノ Br

初演ではシカネーダー自身が歌った。

老女/パパゲーナ S

ザラストロのもとでパパゲーノと出会う。最初は老婆の姿。

夜の女王の3人の侍女 S  
3人の童子 S

 

奴隷頭の黒人モノスタトス T ザラストロの召使で、パミーナによこしまな恋心を抱く。

全曲日本語字幕 

アリアリンク集

全曲 ミラノ・スカラ座    
第1幕 王子タミーノが大蛇(初演前の原案ではライオン)に襲われ
助けてくれ!助けてくれ
Zu Hilfe! Zu Hilfe!
タミーノ、3人の侍女  
私は鳥刺し
Der Vogelfänger bin ich ja
パパゲーノ  
何と美しい絵姿
Dies Bildnis ist bezaubernd schön
タミーノ  
おお、怖れおののかなくても良いのです、わが子よ!
O zitt're nicht, mein lieber Sohn!
夜の女王  
愛を感じる男の人達には
Bei Männern, welche Liebe fühlen
パミーナ、パパゲーノ
この道はあなたを目的へと導いていく
Zum Ziele fuhrt dich diese Bahn
 三人の童子  
第2幕 おおイシスとオシリスの神よ
O Isis und Osiris
ザラストロ、合唱  
復讐の炎は地獄のように我が心に燃え
Der Hölle Rache kocht in meinem Herzen
夜の女王
田中彩子
我が愛は永遠に消え
Ach,ich fühl's,es ist verschwunden
タミーナ  
娘か可愛い女房が一人
Ein Mädchen oder Weibchen wünscht Papageno sich!
パパゲーノ  
パパパの二重唱
Papageno & Papagena
パパゲーノ、パパゲーナ -
やがて朝を告げるために輝きわたるのは
Bald prangt, den Morgen zu verkünden
三人の童子  

 

ドン・ジョバンニ K.527
Don Giovanni

モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart

裏切られながらもなぜ惹かれる?女の愛の不可思議

言語イタリア語 舞台セビージャ

登場人物

ドン・ジョバンニ
Don Giovannni
Br

女たらしの貴族。従者のレポレッロの記録によると、各国でおよそ2000人、うちスペインですでに1003人の女性と関係を持ったという。老若、身分、容姿を問わぬ、自称「愛の運び手」。剣の腕もたち、騎士団長と決闘して勝つほど。

レポレッロ
Leporello
B

ジョヴァンニの従者。ドン・ジョヴァンニにはついていけないと思っているが、金や脅しでずるずるついていってしまっている。ドン・ジョヴァンニから見ても美人の妻を持つ妻帯者だが、ドン・ジョヴァンニの「おこぼれ」にあずかり楽しむこともあるようだ。

ドンナ・アンナ
Donna Anna
S

騎士長の娘でオッターヴィオの許嫁。ドン・ジョヴァンニに夜這いをかけられ、抵抗したところに駆けつけた父親を殺される。

騎士団管区長
I;l Commendatore
B

アンナの父。娘を救おうとしてジョヴァンニに殺されるが、石像として彼に悔い改めるよう迫る。

ドン・オッターヴィオ
Don Ottavio
T

アンナの許婚。復讐は忘れて結婚するようドンナ・アンナを説得しようとするが、果たせない。

ドンナ・エルヴィーラ
Donna Elvira
S

かつてジョヴァンニに誘惑され、婚約するもその後捨てられたブルゴスの女性。始終ジョヴァンニを追い回し、彼を改心させようと試みる。元は身分ある女性だったようで、ドンナ・アンナたちも圧倒されるほど気品に溢れている。ドン・ジョヴァンニが食指を動かすほど美しい召使を連れている。

ツェルリーナ
Zerlina
S 村娘でマゼットの新婦。田舎娘に似合わずコケティッシュでしたたかな娘。結婚式の最中にドン・ジョヴァンニに口説かれ、その気になる。
マゼット
Masetto
B

農夫。ツェルリーナの新郎。嫉妬深く、ツェルリーナの浮気な行動にやきもきするが、結局のところ、尻に敷かれている。村の若者のリーダー的存在。

全曲日本語字幕 

アリアリンク集

第1幕 もう分かったでしょう
Or sai chi I'onore
ドンナ・アンナ  
シャンパンの歌
Aria dello Champagne
ドン・ジョバンニ  
マダム、これがそのカタログです。あっしの旦那が愛した女たちのね
カタログの歌
Aria dello Catalogo
レポレッロ  
ぶってよマゼット
Batti, batti, o bel Masetto
ツェルリーナ  
第2幕 薬屋の歌
Vedrai, carino,
ツェルリーナ  
あの人でなしは私を欺き
In quali eccessi, o Numi
ドンナ・エルヴィーラ  
むごい女ですって?
Crudele? Non mi dir
ドンナ・アンナ  
The Commendatore Scene ドン・ジョバンニ  

 

魔弾の射手
Der Freischutz

ウェーバー
Carl Maria von Weber

数々のドイツ・オペラの出発点

言語ドイツ語 舞台ボヘミア

登場人物

マックス T

若い漁師。射撃の名手

アガーテ S

マックスの恋人

カスパール Br

マックスの同僚の漁師で悪魔ザミエルに魂を売っている

クーノー  

アガーテの父、森林保護官

エンヘェン S

アガーテの従姉妹

オットカール侯爵 Br

ボヘミアの領主

キリアン   富農
ザミエル  

悪魔。魔弾の作り方を伝授する

名セリフ

第一幕


【一口メモ】

アリアリンク集

第1幕 このいたずら坊主、しゃんとするのよ
Schelm, halt fest
アガーテ、エンヘェン -
第3幕 たとえ雲に閉ざされていても
Schelm, halt fest
アガーテ -
狩人の合唱
Huntsmen's Chorus
-

 

セビリアの理髪師
II barbiere di Siviglia

ロッシーニ
Gioachino Rossini

箱入り娘の反乱に振り回される男たちを描いた人間喜劇

言語イタリア語 舞台セビージャ

登場人物

アルマヴィーヴァ伯爵
 
Il Conte d'Almaviva 
T

ロジーナに夢中。学生リンドーロと名乗り、身分を隠してロジーナに接近。

バルトロ 
Bartolo, dottore in medicina
B

老医師でロジーナの後見人。彼女の遺産目当てに結婚を迫る。

ロジーナ
Rosina, ricca pupilla in cas di Bartolo
MS

若くて器量よし。恋にもたいそう積極的。バルトロの姪。

フィガロ
 Figaro, barbiere
Br

理髪師で町の何でも屋。アルマヴィーヴァ伯爵に大金を約束されて、恋の橋渡し役として知恵をしぼる。

バジリオ
Basilio, maestro di musica di Rosina
B

ロジーナの音楽教師。おべっか使い。

フィオレッロ
Fiorello, servitore d'Almaviva
Br

伯爵の召使

アンブロージョ
Ambrogio, servitore di Bartolo 
B バルトロ家の召使
ベルタ
Berta, vecchia cameriera di Bartolo
MS

バルトロ家の女中

名セリフ
【一口メモ】
*13日間という短期間で書き上げられたオペラ
*ロッシーニ、生涯3回の涙
1.友人の歌う歌
2.セビリアの理髪師の初演(妨害に遭って初演は大失敗)
3.ピクニック。トリュフを詰めたチキン丸焼きが川に落下。

全曲日本語字幕 

アリアリンク集

第1幕
第1場
町の何でも屋に
La ran la lera...Largo al factotum
フィガロ  
第1幕
第2場
今の歌声は心の中に響き渡り、私の心はリンドーロ(アルマヴィーヴァ伯爵の偽名)に射抜かれた。
今の歌声は(ある声が今しがた)
Una Voce Poco Fa
ロジーナ -

 

愛の妙薬
L'elisir d'amore

ドニゼッティ
Gaetano Donizetti

愛すべき人ばかりが登場する最高にハッピーな物語

言語イタリア語 舞台スペイン、バスク地方

登場人物

アディーナ S

美人で頭も良いが、ちょっと高慢な富農の娘

ネモリーノ T

単純で間抜けな貧農、アディーナに想いを寄せている

ベルコーレ Br

若くて野心満々の軍曹

ドゥルカマーラ博士 B

口の達者なインチキ薬売り

ジャンネッタ S

村娘。事情通のうわさ好き

アリアリンク集

第1幕 なんと彼女は美しい
Quanto è bella
ネモリーノ   -
聞きなさい、田舎者たちよ
Udite, udite o rustici
ドゥルカマーラ   -
ねぇ、ちょっと、アディーナUna parola, O Adina
Chiedi all'aura lusinghiera
アディーナ  
第2幕 デュエット ネモリーノ  
人知れぬ涙
Una furtiva lagrima
ネモリーノ

 

ランメルモールのルチア
Lucia di Lammermoor

ドニゼッティ
Gaetano Donizetti

 

発狂を装っての死しか許されなかった乙女の哀しい純愛

言語イタリア語 舞台スコットランド、レイヴンスウッド

登場人物

ルチア
 Miss Lucia
S

エドガルドの恋人、エンリーコの妹、アルトゥーロと婚約させられる

エドガルド
Sir Edgardo di Ravenswood
T

ルチアの恋人、アルトゥーロの仇敵

アシュトン卿エンリーコ 
Lord Enrico Ashton
Br

ルチアの兄

アルトゥーロ
 
Lord Arturo Bucklaw
T

ルチアの婚約者

ライモンド 
Raimondo Bidebent
B

ルチアの教育係

アリーサ 
Alisa
MS

ルチアの親友

ノルマンノ 
Normanno
T エンリーコの部下

全曲日本語字幕  

アリアリンク集

第1部
第2場
静かなる夜
Regnava nel silenzio 
ルチア ハープ
第2部
第2場
狂乱の場-1
Spargi d'amaro pianto
ルチア  
彼の優しい声が
I
l dolce suono
ルチア -
狂乱の場-2
Spargi d'amaro pianto
ルチア  
狂乱の場-3
Spargi d'amaro pianto
ルチア  

 

ドン・パスクアーレ
Don Pasquale

ドニゼッティ
Gaetano Donizetti

 

ドニゼッティ晩年の傑作オペラ

言語イタリア語 舞台19世紀初めのローマ

登場人物

ドン・パスクアーレ T

ローマに住む富豪の独身老人

マラテスタ Br

医師でドン・パスクアーレの友人

エルネスト Br

パスクアーレの甥でノリーナを愛している

ノリーナ S

美若き美貌の未亡人。マラテスタと組んで彼の計略に協力する。

アリアリンク集

第3幕 あの目に騎士は
So anch'io la virtu magica
ノリーナ

 

カプレーティ家とモンテッキ家
I Capuleti e i Montecchi

ベッリーニ
Vincenzo Bellini

 

ロメオとジュリエットの悲恋物語

言語イタリア語 舞台

登場人物

ジュリエッタ S

永遠の悲劇のヒロイン

ロメオ MS

名セリフ

第一幕


【一口メモ】
*キャプレット家とモンテギュー家

アリアリンク集

第1幕 おお、幾度か
Oh! quante volte
ジュリエッタ  
第2幕 ああ、清らかな魂よ
Deh tu bell'anima
ロメオ    

 

夢遊病の女
Sonnambula

ベッリーニ
Vincenzo Bellini

言語イタリア語 舞台スイスの村

登場人物

伯爵ロドルフォ B

領主

テレーザ MS

粉屋の女主人

アミーナ S

士テレーザに育てられた孤児
エルヴィーノの婚約者

エルヴィーノ T

裕福な村の地主

リーザ S

大宿の女将、エルヴィーノに恋している

アレッジオ B

エ農民、リーザに恋している

名セリフ

第一幕


【一口メモ】
*第

アリアリンク集

第1幕 愛しい仲間の皆さん、優しいお友達
Care compagne, e voi, teneri amici
アミーナ
第1幕 受け取っておくれ、君に指輪を贈るよ
Prendi;L'anel ti donohttps://youtu.be/meVJ4lYISy0
エルヴィーノ
第1幕 僕はさすらうそよ風に嫉妬してるんだ
Son geloso del zefiro errante
エルヴィーノ、アミーナ
第2幕 全ては終わってしまった
Tutto è sciolto
エルヴィーノ
第2幕 おお花よ、おまえに会えるとは思わなかった
Ah! Non credea mirarti
アミーナ

https://youtu.be/meVJ4lYISy0

ノルマ
Norma

ベッリーニ
Vincenzo Bellini

とことんまで女を生きた古代の巫女の禁断の愛

言語イタリア語 舞台ローマ帝国、ガリア地方

登場人物

ポリオーネ T

ローマ帝国のガリア地方総督

オロヴェーゾ B

ドルイド教徒の長

ノルマ S

巫女の長で、オロヴェーゾの娘

アダルジーザ MS

イルミンスルの神殿に仕える若き巫女

クロティルデ S

ノルマの親友

フラヴィオ T

ポリオーネの友人

名セリフ

第一幕


【一口メモ】
*第

アリアリンク集

第1幕
第1場
清らかな女神
Casta Diva
ノルマ
第1幕
第2場
ご覧なさい、ノルマ
Norma mira o Norma
ノルマ、アダルジーザ

 

清教徒
I Puritani

ベッリーニ
Vincenzo Bellini

声の技いっぱいの歴史オペラ

言語イタリア語 舞台清教徒革命最中のイングランド

登場人物

グザルティエーロ・ヴァルトン B

イギリスの貴族、清教徒

エルヴィラ S

ヴァルトンの娘

ブルーノ T

士官、リッカルドの親友

アルトゥーロ T

スチュアート王家に仕える騎士、エルヴィラの婚約者

リッカルド Br

大佐、アルトゥーロの恋敵

ジョルジオ B

エルヴィラの伯父、退役大佐

名セリフ

第一幕


【一口メモ】
*第

アリアリンク集

第1幕
第3場
私は美しい乙女
Son vergin vezzosa
エルヴィラ
第2幕 あなたの優しい声が
Qui la voce sua soave
エルヴィラ -

 

ナブッコ
Nabucco

ヴェルディ
Giuseppe Verdi

「行け、我が思いよ、黄金の翼に乗って」はイタリア第二国家

言語イタリア語 舞台エルサレム〜バビロン

登場人物

ナブコドノゾール王 Br

バビロニア(アッシリア=後のペルシャ)の王、史実上のネブカドネザル2世。歌劇中ではナブッコと呼ばれる。

イズマエーレ T

エルサレム(ユダヤ)王ゼデキヤの甥。

ザッカリーア B

ヘブライ人(ユダヤ)の大祭司。

アビガイッレ S

恐らくナブッコと女奴隷の間に生まれた子。ナブッコは王女中の長女として育てている。

フェネーナ S

ナブッコとその正妻(の一人)との間に生まれた子。アビガイッレからみると妹分とされている。イズマエーレとは恋仲。

名セリフ

第一部
祭祀の飾りなど砕けて落ちよ ユダヤの民よ喪服を着るのだ
侮られた神は怒り その使者としてアッシリアの王が襲いかかって来る
愚かな偶像に囲まれたアッシリアの侵略者から
ダヴィデの王座をお守り下さい

第三部
預言;砂漠の獣たちはバビロニアにその住みかを得るであろう フクロウと共に
そしてヤツガシラもそこに住むのだ(エレミヤ書51章)

♪行け、我が想いよ黄金の翼に乗って♪
ああ かくも美しい 失われし祖国よ
運命の予言者が持つ黄金の竪琴よ
なぜ 柳の枝にかかったまま 沈黙を守っているのだ?
胸の中から 思い出を引き出し
過ぎし日のことを語っておくれ
エルサレムの宿命に似つかわしい
身を削るような うめき声を引き出すのだ
それとも 主がお前に 快い響きをお与えになり
この苦痛を喜びに変えるような 調べを聴かせておくれ

夜が更ければフクロウが 悲しい鳴き声を上げるだろう

傲慢なバビロニアが どこにあったか
どの石も旅人に告げはしない
奮い立つのだ ユダヤの民よ!

第四部
イスラエルの民よ 祖国に帰り 楽しい日々を送るがよい
汝らの神に 新しい神殿を建てよ
その神のみが 偉大で強力なのだ!


【一口メモ】
*第二の国歌:ミラノ・スカラ座でこのオペラが初演された1842年当時、イタリアはオーストリアに支配されていた。
ミラノ・スカラ座の聴衆はこの歌詞、「Oh, mia patria si bella e perduta!」(おお、あんなにも美しく、そして失われた我が故郷!)の部分に自らの運命を重ね合わせた。→1861年、イタリア王国成立

*ミラノ・スカラ座再建:スカラ座は1843年の空襲で破壊された。1946年5月11日、スカラ座の再会記念コンサートで「行け、我が想いよ・・・」のタクトを振った人こそがトスカニーニ。

*バビロンの捕囚:旧約聖書記載の史実。
紀元前1000年頃、12部族からなるイスラエル人が治める古代イスラエル王国はダビデ王〜ソロモン王の下で繁栄を極めていた。当時、中東の列強国として成長していた新バビロニア王国は紀元前597年より586年にかけて、この古代イスラエル王国に攻め入り、多くのイスラエル人を捕虜・奴隷として首都バビロンに強制連行した。(バヘルの塔」バベルとはバビロンのこと。混乱(バラル)が語源)

*オペラ「ナブッコ」とバビロンの捕囚:新バビロニア王ナブッコがエルサレムに振興して、王宮やソロモン神殿を破壊し、人々を首都バビロンへと強制連行するところまでが史実に基づいているが、ナブッコ王の二人の娘や王の改心とユダヤ教への帰依、更にイスラエル人の帰還の許しなどはオペラを面白くするための脚色であり、史実とは異なる。

アリアリンク集

第1部
(エルサレム)
祭祀の飾りよ、落ちて砕け散れ
Gli arredi festivi
ヘブライの民合唱
エジプトの海辺で 神はモーゼの命を救われた
エジプトの海辺で
D'Egitto la' sui lidi
ザッカリーア  
第2部(邪悪)
第1場
ナブッコ王が王位をフェネーナに譲ろうとしていることに激しく嫉妬
私が見つけた運命の書よ
Anch'io dischiuso un giorno
アビガイッレ
第3部
(預言)
第4場
ユーフラテス河畔、ヘブライ人たちが鎖に繋がれて強制的に働かされている
行けわが想いよ、黄金の翼に乗って
Va, Pensiero, sull'ali dorate
合唱
J,Levine
第4部
(壊れた偶像)
ヘブライの神よお許し下さい。ユダの神よ なたを永遠に讃えます。
Dio di Giuda!...l'ara, il tempio
ナブッコ  

 

リゴレット
Rigoletto

ヴェルディ
Giuseppe Verdi

印象的な歌が続く、高い完成度のオペラ

言語イタリア語 舞台:16世紀 イタリア北部マンドヴァ公国

登場人物

マントヴァ公爵 T

好色で享楽的なマントヴァの領主

リゴレット Br

公爵に仕えるせむしの道化

ジルダ S

リゴレットの娘、16歳

スパラフチーレ B

ブルゴーニュ生まれの殺し屋

マッダレーナ MS

スパラフチーレの妹

チェプラーノ伯爵 Br

 

チェプラーノ伯爵夫人 MS  
モンテローネ伯爵 B

チェプラーノ伯爵夫人の実父

マルッロ Br

公爵の廷臣

マッテオ・ボルサ T 公爵の廷臣
マントヴァ公爵夫人の小姓 MS  
名セリフ

フィナーレ
空のうえ お母様のそばで
永遠にお父様のために祈ります

全曲日本語字幕 

アリアリンク集

第1幕 女たちの美しさは人生を彩るよう天がくれた贈り物
あれかこれか
Questa o quella
マントヴァ公爵   対訳
俺はこの舌で人を殺し、奴は短剣で殺す
二人は同じ
Pari siamo
リゴレット  
愛は心の太陽そして命 愛の声は僕たちの心の鼓動
それは心の太陽
E il sol dell'anima
マンドヴァ公爵、ジルダ  
グァルティエル・マルデ、いとしいあの方の名前が恋するこの心に刻み込まれた
慕わしき御名
Caro noome
ジルダ AR和
第2幕 あの娘の涙が見えるようだ
Parmi veder le lagrime
マントヴァ公爵   対訳
娘を返してください。わしにはこの世の全てなのです!
悪魔め、鬼め
Cortigiani, vil razza dannata
リゴレット  
いつも日曜日に教会で
Tutte le feste al tempio
リゴレット、ジルダ  
恐ろしい復讐を
Vendetta, tremenda vendetta
リゴレット、ジルダ
第3幕 女心の歌(女は気まぐれ)
La donna e mobile
マントヴァ公爵  
オペラ史上最高の四重唱
美しい愛らしい娘よ
Bella figlia dell'amore
マントヴァ公爵、マッダレーナ、リゴレット、ジルダ

 

イル・トロヴァトーレ
Il Trovatore

ヴェルディ
Giuseppe Verdi

美しい旋律に彩られたベルカントの不朽の傑作

言語イタリア語 舞台スペイン、ビスカヤ〜アラゴン地方

登場人物

ルーナ伯爵 Br

誇り高いアラゴンの貴族

レオノーラ S

アラゴン王妃の美しい女官

アズチェーナ MS

ジプシーの老婆

マンリーコ T

放浪の騎士で吟遊詩人。アズチェーナの息子として育てられているが実はルーナ伯爵の実弟。レオノーラとは相思相愛の仲

フェルランド B

ルーナ伯爵の家臣

イネス S

レオノーラの侍女

ルイス T マンリーコの部下

名セリフ

他の人のものとして 生き永らえるよりも
あなたのもので 死にたかった

 

全曲日本語字幕 

アリアリンク集

第1幕 フェルランドの歌う物語
Abbietta zingara, fosca vegliarda
フェルランド  
第2幕 炎は燃えて
Stride la vampa
アズチェーナ  
第3幕 ああ、美しい人
Di quella pira
マンリーコ  
見よ、恐ろしい炎を
Di quella pira
マンリーコ  

 

椿姫
La Traviata

ヴェルディ
Giuseppe Verdi

女の愛の真実を情感豊かに描いた傑作オペラ

言語イタリア語 舞台パリ

登場人物

ヴィオレッタ・ヴァレリー S

高級娼婦

フローラ・ベルヴォア MS

高級娼婦、ヴィオレッタの友人

アンニーナ S

ヴィオレッタの召使い

アルフレード・ジェルモン T

青年貴族

ジョルジョ・ジェルモン Br

アルフレードの父親

ガストーネ子爵 T

アルフレードの友人

ドゥフォール男爵 Br ヴィオレッタのパトロン
ドビニー侯爵 B

フローラのパトロン

グランヴィル医師 B

ヴィオレッタの主治医

名セリフ

聞いてくださいな 愛するアルフレード
受け取って この絵姿を
わたしの過ぎた日の面影よ
これで思い出してくださいね あなたをこんなに愛した女を

もしどなたか 慎ましく清らかな 歳若い乙女が
あなたに心を捧げたなら・・・
花嫁にしてくださいね その方を

そしてその方に この絵姿を ある人からの贈り物だと
その人は天の高みで 天使たちと祈っていると
その方とあなたのために

アリアリンク集

全曲 ジョーン・サザーランド     対訳
第1幕 乾杯の歌 アルフレード、ヴィオレッタ  
ここにいらっしゃったの
Un di felice, eterea
アルフレード、ヴィオレッタ  
ああ、そはかの人か〜花より花へ
E'strano〜Sempre libera
ヴィオレッタ -
第2幕
第1場
燃える心を
De' miei bollenti spiriti
アルフレード   -
プロヴァンスの海と陸
Di provenza il mar il suol 
ジェルモン
第2幕
第2場
おれたちはマドリードのマタドール 合唱  
第3幕 さよなら過ぎ去りし日よ
Addio del passato 
ヴィオレッタ
パリを離れて
Parigi, o cara
アルフレード
受け取って下さい、これはあたしのすぎ去った日の面影です
Prendi, quest' e l'immagine
ヴィオレッタ

 

仮面舞踏会
Un Ballo in Maschera 

ヴェルディ
Giuseppe Verdi

運命のいたずらによって悲劇へと向かう3人の男と女

言語イタリア語 舞台イギリス領、ボストン

登場人物

リッカルド T

ボストン総督(スウェーデン国王グスタヴォ3世)

レナート Br

総督秘書(アンカーストレーム泊)

アメリア S

レナートの妻

ウルリカ MS

黒人の女占い師

オスカル S

リッカルドの小姓

名セリフ

オスカルは知っています。
でもその秘密は誰にも言いません。
恋に浮かれて 私の心は踊っていますが
それでも誠実に 秘密は守り抜くのです。
地位や美女で誘惑しても 私から秘密は引き出せません。

アリアリンク集

第2幕
第1場
あの草を摘み取って
L'onore! Ladri!
アメリア   -

 

運命の力
La Forza del Destino

ヴェルディ
Giuseppe Verdi

 

言語イタリア語 舞台スペイン、セビーリャとイタリア

登場人物

カラトラーヴァ侯爵 Br

 

ドンナ・レオノーラ S

侯爵の娘。 

ドン・カルロ・ディ・ヴァルガス Br

侯爵の息子、レオノーラの兄。

ドン・アルヴァーロ T

騎士。レオノーラとは相思相愛の仲。スペイン人のペルー総督とインカ帝国末裔の王女との間に生まれたという複雑な出自をもつ。

プレツィオジッラ MS

ジプシーの若く美しい娘。

グァルディアーノ神父 B

修道院長。なお「グァルディアーノ」は人名でなく、Padre Guardianoで修道院長の意。

フラ・メリトーネ Br 下働きの修道士。

アリアリンク集

第2幕
第2場
天使の中の聖少女
La Vergine degli Angeli
レオノーラ AR
第4幕
第2場
神よ平和を与えたまえ
Pace, pace, mio Dio!
レオノーラ 対訳

 

アイーダ
Aida

ヴェルディ
Giuseppe Verdi

雄大なスケールで描かれる愛と憎しみの「戦争オペラ」

言語イタリア語 舞台メンフィス

登場人物

エジプト国王(ファラオ) B

約45歳。威厳に満ち、堂々とした態度。

アムネリス MS

エジプト王女。20歳。とても活発。性格は激情的で、感受性に富む。

アイーダ S

エチオピア王女で女奴隷。肌は暗く赤みがかったオリーブ色。20歳。愛情、従順さ、優しさ――これらがこの人物の主要な特質をなす。

ラダメス T

軍隊の指揮官。24歳。情熱的な性格。

ラムフィス B

祭司長。50歳。確固とした性格。専制的で残忍。態度は威厳に満ちている。

アモナズロ Br

エチオピア王であり、アイーダの父。肌は暗く赤味がかったオリーブ色。40歳。御しがたい戦士で、祖国愛にあふれている。性格は衝動的で暴力的。

名セリフ

第一幕


【一口メモ】
*イスマーイールはナポレオン三世治下のフランスでオスマン男爵が行ったパリの都市計画・改造に倣って、カイロを作り変えようとした。1869年のスエズ運河開通に間に合わすべく、急速に進められた。開通式に集まる来賓たちのためにカイロ・オペラ座が建てられ、ここで初演すべくヴェルディに「アイーダ」の作曲が依頼された(ただし開通式には間に合わず、「リゴレット」で代用した)。
カイロオペラ座は、ヴェルディのアイーダを初演した1871年から丁度100年後の1971年に不審火で消失した。現在のオペラハウスは、1988年、日本の無償援助によって再建された。

アリアリンク集

第2幕
第2場
凱旋の合唱
Gloria all' Egitto, Marcia trionfale        

 

ドン・カルロ
Don Carlo

ヴェルディ
Giuseppe Verdi

愛と政治との葛藤が繰り広げられる歴史ドラマ

言語イタリア語 舞台マドリード

登場人物

フィリッポ2世

B

実在のスペイン国王

エリザベッタ S

若き王妃

ドン・カルロ T

スペイン王子

ロドリーゴ侯爵 Br

王子の親友

エボリ公女 MS

王子を愛する女官

宗教裁判長 B

カトリック教会の権力者

名セリフ

第一幕
♪我らの魂に友情と希望を♪
神よ 魂に愛と希望を吹き込んでくださるのなら
この心に 自由への願いを目覚めさせてください。

全曲日本語字幕  大村博美

アリアリンク集

         
第1幕 我らの魂に友情と希望を
E lui desso l_infante!
ドン・カルロ、ロドリーゴ
第4幕 彼女はわしを愛してはくれぬ
Ella giammai m'amo!
フィリッポ2世   対訳
呪われた美貌
O don fatale
エボリ公女  
第5幕 世の虚しさを知る神
Tu che le vanita conoscesti del mondo
エリザベッタ   対訳

 

オテロ
Otello

ヴェルディ
Giuseppe Verdi

強烈な悪の信条の前に屈する英雄の悲劇

言語イタリア語 舞台キプロス島の港町

登場人物

オテロ T

ムーア人でヴェネツィア領キプロスの総督

イヤーゴ Br

オテロの旗手

カッシオ T

オテロの副官

ロデリーゴ T

ヴェネツィアの貴族

ロドヴィーコ B

ヴェネツィアからの使者

モンターノ B

キプロスの前総督

デズデーモナ S オテロの妻
エミーリア MS

イヤーゴの妻で、デズデーモナの女中 

アリアリンク集

         
第1幕 皆、喜べ!猛る回教とは・・・
Esultate , il nemico è stato spazzato out !
 
第3幕
第1場
主よ!あなたは私の頭上に
Dio! mi potevi scagliar
   
第4幕 アヴェ・マリア
Dio! mi potevi scagliar
 デズデモーナ   -

 

ファルスタッフ
Falstaff

ヴェルディ
Giuseppe Verdi

人生すべてを笑いに包むヴェルディ最後のオペラ

言語イタリア語 舞台中部イングランド、ウィンザー

登場人物

サー・ジョン・ファルスタッフ Br

太った騎士

フォード Br

裕福な男性

アリーチェ・フォード S

フォードの妻

ナンネッタ S

フォードの娘

クイックリー夫人 MS

 

フェントン T

ナンネッタの求婚者のひとり

ドクター・カイウス T  
バルドルフォ T

ファルスタッフの従者

ピストーラ B

ファルスタッフの従者

アリアリンク集

第1幕
第1場
名誉だと!泥棒めが!
L'onore! Ladri!
ファルスタッフ  
第2幕
第1場
これは夢か? まことか?
È sogno? o realtà
フォード  
行け、老練なジョン
Va, vecchio John
ファルスタッフ  
第2幕
第2場
私が昔ノーフォーク公爵の
Quand'ero paggio del Duca di Norfolk
ファルスタッフ  
第3幕
第2場
喜びの歌はいとしい人の唇から出て
Dal labbro il canto estasiato vola
フェントン  
季節風の息にのって
Sul fil d'un soffio etesio
ナンネッタ  

 

さまえるオランダ人
Der Fliegende Hollander

ワーグナー
Richard Wagner

呪われた海の男の物語

言語ドイツ語 舞台ノルウェーのフィヨルドに面した港町、ザンドヴィーケ

登場人物

オランダ人 Br

ダラント船長 B

ゼンタ S ダラント船長の娘
エリック T ゼンタの恋人

アリアリンク集

第1幕 オランダ人のモノローグ オランダ人   対訳
水夫の合唱 合唱  
第2幕 救済の動機
ゼンタのバラード
ゼンタ   -
第3幕 フィナーレ  
全幕     対訳

 

ニュルンベルクのマイスタージンガー
Die Meistersinger von Nurnberg

ワーグナー
Richard Wagner

ドイツ芸術の至高性を称揚するワーグナー唯一の喜劇

言語ドイツ語 舞台ニュルンベルク

登場人物

ハンス・ザックス B

靴屋の親方。男やもめ。

ヴァルター・フォン・シュトルツィング T フランケン地方出身の若い騎士
ダフィト T ザックスの徒弟。マクダレーネに思いを寄せる。
エファ S ファイト・ポークナーの娘。歌合戦の「賞品」にされる。
マクダレーネ S エファの乳母。

アリアリンク集

第3幕 Finale 合唱

 

ホフマン物語
Les Contes d'Hoffmann

オッフェンバック
Jacques Offenbach

永遠の女性像を追い求める詩人にミューズの啓示は?

言語フランス語 舞台ニュルンベルク

登場人物

ホフマン T

詩人

リンドルフ Br

ニュルンベルクの顧問官

コッペリウス Br

人形作り師

ミラクル博士 Br

医師

オランピア S

機械人形

アントニーア S

病弱な歌手

ミューズ MS 詩の女神
ニクラウス MS

ホフマンの友人

ジュリエッタ S

高級娼婦

ステッラ S プリマドンナ

名セリフ

第一幕


【一口メモ】
*第

アリアリンク集

第4幕
第1場
美しい夜、おお恋の夜(ホフマンの舟歌)
Barcarolle
ニクラウス、ジュリエッタ AR
第5幕 オランピアの歌
Les Oiseaux dans la Charmille
オランピア AR
 

 

こうもり
Die Fledermaus

ヨハン・シュトラウスU
Johann Strauss U

 

世紀末ウィーンの仮面舞踏会。にぎやかな恋の駆け引き

言語ドイツ語 舞台オーストリアの温泉

登場人物

アイゼンシュタイン T

金持ちの銀行家

ロザリンデ S

アイゼンシュタインの妻
謎の貴婦人として舞踏会に出席

アルフレード T

声楽教師でロザリンデの昔の恋人

オルロフスキー公爵 MS

ロシアの貴族で遊び人
舞踏会の主催者

ファルケ博士 Br

アイゼンシュタインの友人

アデーレ S ロザリンデの小間使い

名セリフ

第一幕


【一口メモ】
*第

アリアリンク集

第2幕 アデーレのアリア
アデーレ  
第2幕 公爵さま あなたのようなお方は    
シャンパンの歌    
第3幕 田舎娘を演じるときは    

 

カルメン
Carmen

ビゼー
Georges Bizet

宿命の女が、男たちの人生を弄ぶ

言語フランス語 舞台セビージャ

登場人物

カルメン MS

タバコ工場で働くジプシーの女

ドン・ホセ T

衛兵の伍長

ミカエラ S

ホセの許婚

エスカミーリョ Br

闘牛士

スニガ B

衛兵隊長。ドン・ホセの上官

モラレス Br

士官

ダンカイロ T 密輸商人
フラスキータ S

カルメンの友人

メルセデス MS

カルメンの友人

レメンタード T ダンカイロの仲間

アリアリンク集

第1幕 ハバネラ
Habanera
カルメン -

 

ルサルカ
Rusalka

ドヴォルザーク
Antonín Leopold Dvořák 

 

言語:チェコ語 舞台

ドヴォルザーク9作目のオペラ

登場人物

ルサルカ S

水の精

王子 T

 

外国の王女 S

 

ワッサーマン B

魔女 MS

 

猟師 T

 

料理人 S  
3人の木の精霊 S

 

狩人 T  

名セリフ

第一幕


【一口メモ】
*第

アリアリンク集

第1幕 月に寄せる歌
Song to the moon
ルサルカ

 

道化師
I Pagliacci

レオンカヴァッロ
Ruggero Leoncavallo

「笑え」と歌う断腸のアリアが、聴く者の心を突き刺す

言語イタリア語 舞台南イタリア、カラブリア地方のモンタルト村

登場人物

カニオ T

(劇中ではパリアッチョ) 旅回り一座の座長

ネッダ S

(同コロンビーナ) 女優でカニオの妻

トニオ Br

(同タッデーオ) せむしの道化役者

ベッペ T

(同アルレッキーノ) 色男役者

シルヴィオ Br

村の青年

名セリフ

プロローグ
よろしいですか?...よろしいですか?...
淑女の皆様!紳士の皆様...お許しください
私めがたった一人で登場致しますことを
私は前口上役でございます

今より 舞台の上に
昔ながらの仮面劇を作者は登場させますゆえに
その一部として復活させようというのです 昔のやりかたを 
そして皆様の前に こうして私めを送り出したという訳でございます

ですが 昔と同じこんな口上を述べるためではございません
「私どもがここで流す涙は偽りでございます!
私どもの痛みも 私どもの苦しみも
ご心配には及びませぬ!」と 違う!違うのです

作者が試みましたのは
その代わりに描きだすことです 人生の断片を
彼には信条があるのです
役者もひとりの人間であることを
そしてその人間のために 書かねばならないという
そしてこの話は真実より霊感を得たものなのです

思い出の巣
魂の奥にあるものですが
それがある日歌い出したのです
そこで真実の涙を流しながら書き
そしてすすり泣きで 拍子を取りました!

それゆえ ご覧頂けましょう
本物の人間のお互いの愛しあう姿を
ご覧頂けましょう 憎しみの悲しい結末を 嘆きの苦しみを
怒りの叫びをお聞きになられましょう
そして皮肉な笑いを!

そして 皆さま方 決して
私ども役者のダブダブの衣装に惑わされることなく
私どもの魂のことをお考え頂きたいのです
なぜなら私どもとて人間 肉も骨もございます
そしてこの見捨てられた世界の
空気を皆さま方同様 呼吸しているのですから!

劇のコンセプトは申し上げました...
さて何が起こるか とくとご覧ください それでは 始まりです!

アリアリンク集

第1幕 前口上:ごめん、紳士、淑女の皆様
Si puo? Signore! Signori!
トニオ  
あの人のまなざしにはなんという燃える激情があったんでしょう〜かの上に鳥は鳴き、意のままに飛びに飛び
鳥の歌
Verónica Villarroel
ネッダ  
衣装をつけろ
Vesti la giubba
カニオ   対訳
第2幕 おお、コロンビーナ
O colombina
アルレッキーノ  
もう道化師じゃない
No, pagliaccio non son
カニオ  

 

マノン・レスコー
Manon Lescaut

プッチーニ
Giacomo Puccini

 

言語イタリア語 舞台フランスと植民地アメリカ、ルイジアナ

登場人物

登場人物

マノン・レスコー S

 

マノン・レスコーの兄 Br

 

騎士デ・グリュー T

 

ジェロンテ・デ・ラヴォワール B

 

エドモント T

 

アリアリンク集

第2幕 この柔らかなレースの中で
In quelle trine morbide
マノン・レスコー 対訳
第4幕 一人寂しく捨てられて
Sola, perduta, abbandonata
マノン・レスコー   対訳

 

ラ・ボエーム
La Boheme

プッチーニ
Giacomo Puccini

青春という「祭り」の終わりを。哀切を込め描く悲恋物語

言語イタリア語 舞台カルチェラタン

登場人物

ロドルフォ T

詩人

ミミ S

お針子。当時、お針子は娼婦の予備軍といわれた職業。

ムゼッタ S

マルチェッロの恋人。派手で強気で気まぐれだが、心根は優しい。

マルチェッロ Br

画家。ロドルフォらとともにカルチェ・ラタンの屋根裏で暮らす。

コッリーネ Br

哲学者。第四幕の「さらば古い外套よ」は聴かせどころ。

 

全曲日本語字幕  字幕監守:杉 理一

全曲日本語字幕  砂川涼子、村上敏明

アリアリンク集

         
 
第1幕
ATTO
PRIMO
冷たい手を
Che gelida manina
私の名前はミミ
Si, mi chiamano Mimi
ロドルフォ
ミミ
愛らしい乙女よ
O soave fanciulla
ロドルフォ、ミミ  
第2幕
ATTO
SECONDO
私が街を歩けば(ムゼッタのワルツ)
Quando me n'vo soletta per la via
ムゼッタ
第3幕
ATTO
TERZO
助けてマルチェッロ
O buon Marsello, aiuto!
ミミ、マルチェッロ  
さようなら、気を悪くしないでね
Addio, senza rancor
ミミ   対訳
さらば甘い目覚めよ
Addio, dolce svegliare alla mattina!
ロドルフォ、ミミ  
第4幕
ATTO
QUARTO
ああミミ、君はもう戻ってこない
O Mimi, tu piu non torni
ロドルフォ、マルチェッロ  
みんな行ってしまったのね
Sono andati?
ミミ、ロドルフォ  

 

トスカ
Tosca

プッチーニ
Giacomo Puccini

血なまぐさくも最高に美しいヴェリズモ・オペラ

言語イタリア語 舞台ローマ、サンタンジェロ、聖アンドレア・デッラ・ヴァッレ教会

登場人物

フローリア・トスカ S

有名な歌手

マリオ・カヴァラドッシ T

画家でトスカの恋人

スカルピア男爵 Br

ローマ市の警視総監

チェーザレ・アンジェロッティ B

前ローマ共和国統領

スポレッタ T

スカルピアの副官

堂守 Br

聖アンドレア・デラ・ヴァレ教会の番人

全曲日本語字幕 

アリアリンク集

       
第1幕 妙なる調和
Recondita armonia
カヴァラドッシ
スカルピアのアリア「テ・デウム」
Te Deum
スカルピア  
第2幕 歌に生き、愛に生き
Vissi d'arte
トスカ 対訳
第3幕 星はきらめき
E lucevan le stelle
カヴァラドッシ 対訳
新しい希望に魂は勝ち誇って(愛の二重唱)
O dolci mani mansuete e pure
トスカ、カヴァラドッシ  
フィナーレ トスカ  

 

蝶々夫人
Madame Butterfly

プッチーニ
Giacomo Puccini

作曲家自身が「私の最高傑作」と呼んだ一途な愛の物語

言語イタリア語 舞台長崎

登場人物

蝶々さん S

蝶々夫人

ベンジャミン・フランクリン・ピンカートン T

 

シャープレス領事 Br

領事として日本を理解しており、蝶々夫人のことも親身になって考えている。

ヤマドリ公爵 Br

 

ゴロー T

 

ボンゾ B

蝶々さんのおじ。「坊主」か?

スズキ MS 蝶々夫人を支える女中
ケイト・ピンカートン MS

ピンカートンのアメリカ本国での妻

全曲日本語字幕 

アリアリンク集

     
第2幕 ある晴れた日に
ZUn bel di, vedremo
蝶々さん

 

ジャンニ・スキッキ
Gianni Schicchi

プッチーニ
Giacomo Puccini

 

言語イタリア語 舞台フィレンツェ

登場人物

ジャンニ・スキッキ Br

フィレンツェの知恵者

ラウレッタ S

スキッキの娘

リヌッチオ T

ラウレッタの恋人

アリアリンク集

第1幕 私のお父さん
O mio babbino caro
ラウレッタ AR
AN

 

トゥーランドット
Turandot

プッチーニ
Giacomo Puccini

愛の理想をファンタジーに託した、プッチーニの白鳥の歌

言語イタリア語 舞台北京

登場人物

トゥーランドット姫 S

男性を憎んでいたが、リューの自己犠牲を目の当たりにして気持ちを変える。

アルトゥーム T

中国の皇帝、トゥーランドットの父

ティムール B

ダッタン国を追われた盲目の廃王

実はカラフ T

身分を隠している名前の知れない王子、ティムールの息子でダッタン国の王子

リュー S

若い娘。ティムールと王子に仕え、王子に密かに想いを寄せる召使

ピン Br

皇帝に仕える大蔵大臣

パン T 内大臣
ポン T

総料理長

ペルシアの王子 T

 

全曲日本語字幕 

アリアリンク集

全曲 下原千恵子、鈴木寛一  
第1幕 お聞き下さい王子様
Signore, ascolta!
リュー
第2幕 この宮殿の中で
In questa reggia
トゥーランドット   対訳
第3幕 氷のような姫気味の心も
Tu che di gel sei cinta
リュー   対訳
誰も寝てはならぬ
Nessun Dorma
カラフ 対訳

 

カヴァレリア・ルスティカーナ
Cavalleria Rusticana

マスカーニ
Pietro Mascagni

素朴で純粋な恋のもつれが、抜差しならない結末を招く

言語イタリア語 舞台メンフィス

登場人物

サントゥッツァ S

 

トゥリッドゥ T

 

ルチア A

 

アルフィオ Br

 

ローラ MS

 

名セリフ

第一幕


【一口メモ】
*第

アリアリンク集

  ママも知るとおり
Voi lo sapete, o mamma
サントゥッツァ 対訳

 

ばらの騎士
Der Rosenkavalier

リヒャルト・ストラウス
Richard Strauss

18世紀ウィーンの優美さが美しく香る

言語ドイツ語 舞台ウィーン

登場人物

元帥夫人マリー・テレーズ S

オーストリア陸軍元帥、ヴェルテンベルク公爵夫人

オクタヴィアン(カンカン) S

元帥夫人の若い愛人で17歳の青年貴族

レルヒェナウ男爵
オックス
B

元帥夫人の従兄。おんなたらし。

ゾフィー S

ファニナルの一人娘オックス男爵に失望し、ばらの騎士に助けを求める。

フォン・ファニナル Br

ゾフィーの父

名セリフ

第一幕


【一口メモ】
*第

アリアリンク集

第2幕 ワルツ
Waltz
  -
ワルツ
Waltz
-
第3幕 三重唱
Final

 

アンドレア・シェニエ
Andrea Chenier

ジョルダーノ
Umberto Giordano

画像

謎フランス革命を背景に詩人と貴族令嬢が貫く純愛

言語イタリア語 舞台パリ

登場人物

アンドレア・シェニエ T

物静かだが信念と情熱を合わせ持つ実在の詩人。

マッダレーナ S

貴族令嬢。世間知らずだが、革命の嵐の中で大きく成長していう。

ジェラール Br

マッダレーナに想いを寄せながら、革命に身を投じる。恋敵シェニエを憎みながらも尊敬している。

ベルシ Ms

マッダレーナの侍女。主家が没落したのちも、体をはってマッダレーナを守る。

ルーシェ B

シェニエの友人

マテュー B

無頼漢、思想なき民衆の代表。

名セリフ

 

アリアリンク集

全幕  
  国を裏切る者

 

メリー・ウィドウ
Merry Widow

レハール
   Franz Lehar    

粋なメロディとともに繰り広げられる恋の舞曲(ロンド)

言語ドイツ語 舞台パリ

登場人物

ハンナ・グラヴァリ
Hanna Glavari
S

裕福な未亡人

ミルコ・ツェータ男爵
Baron Mirko Zeta
Br

ポンテヴェドロ国のパリ駐在公使

ヴァランシエンヌ
Valencienne
S

ツェータ男爵の妻

ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵
Graf Danilo Danilowitsch
T

大使館一等書記官、ハンナの元恋人

カミーユ・ド・ロジヨン
Camille de Rosillon
T

フランス人の大使館随行員、ヴァランシエンヌの愛人

カスカーダ子爵
Vicomte
T

公使館付随員

ラウール・ド・サンブリオシュ
Raoul de St.Brioche
Br パリの伊達男
ニェーグシュ
Njegus
Br

大使館の書記官

アリアリンク集

第2幕 ヴィリアの歌
Vilja Song
ハンナ
第3幕 メリー・ウィドウ・ワルツ
Die lustige Witwe
ダニロ、ハンナ  

 

チャールダーシュの女王
Die Csardasfurstin

エメリッヒ・カールマン
Emmerich Kalman

 

言語ドイツ語 舞台ブダペスト、ウィーン

登場人物

シルヴァ・ヴァレスク S

チャールダーシュの女王と謳われる美人歌手、エドウィンの恋人

エドウィン・ロナルト T

オーストリアの貴族レオポルト・マリア伯爵の息子

ボニ・カンチャヌ伯爵 T

ハンガリーの貴族、シルヴァに思いを寄せている。

シュタージ S

ウィーンの伯爵令嬢、レオポルト・マリア伯爵の姪

フェリ・フォン・ケレケス Br

ハンガリーの貴族で愛称は「フェリ・バチ」(フェリおじさん)

レオポルト・マリア伯爵 Br

リッベルトからヴァイラースハイムまでを治める領主

アンヒルテ MS レオポルト・マリア伯爵夫人。その昔、ヒルダ・クップファーの名でミルコルツという地方の劇場で歌っていた元チャールダーシュの女王
オイゲン・フォン・ローンスドルフ男爵 Br

エドウィンの従兄弟

名セリフ

第一幕


【一口メモ】
*第

アリアリンク集

第1幕 ジューベンビュルゲンの娘
Haia ~ Wenn ein Siebenbürger Mädel
AR
素敵な女性よ
-
第1幕 好きになるのはよくあるが
第3幕 ヨイ・ママン
Jaj mamam

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追加用フレーム
D


W

画像

言語イタリア語 舞台メンフィス Photos

登場人物

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

     
   

 

   

 

     

名セリフ

第一幕


【一口メモ】
*第

アリアリンク集

第1幕
Z

 Photos